困らない婚活術

2018年08月11日(土)
【理想の結婚相手として高スペックな異性を望む方もいる】
理想の結婚相手として高スペックな異性を望む方もいるのですが、婚活の早いうちからそうしたスタンスが明らかだと、結婚まで進展することはほとんどありません。


理想を高く持つのも結構ですが、まずは出会いを多くして様々な人と関わり、その中からだんだんと相手を絞っていくのが良い方法だと言えます。


婚活において、相手を決めた一番の理由は何になると思いますか?多く聞かれるのは年収や年齢、または容姿や家族構成などなど、多くの条件があるので、チェックに忙しいと思います。


ですが、仮に全てにチェックがつくような完璧な相手があらわれたとしても、お互いの気が合わなかったら結婚生活は不幸なものになってしまいます。


当たり前ですが、結婚とは挙式や指輪ではなく、互いの人生の喜怒哀楽を共有し、障害を二人で乗り越えながら暮らしていくという事です。


婚活では、出会ったときにピンとくるような直感も重視してみて下さいね。


婚活において、悩みの種となるのが相手を断る時でしょう。


下手に断ってしまうと、相手の印象も悪くなってしまいますし、トラブルになって婚活をすすめられなくなったり、精神的ストレスを抱えて婚活どころではなくなってしまう場合もあります。


なので、断る際には細かいフォローを忘れずに、相手の悪いところを理由にするのではなく、あくまで自分のこういうところが悪いために交際できないと断るのが一番良い方法でしょう。


絶対に向こうに問題があると言わないようにしてくださいね。


穏便にお別れをして、次の出会いまで引きずらないようにしましょう。


婚活を繰り返しても結婚できないと苦しんでいる方も多いでしょう。


そんな方は婚活セミナーに行ってみるのが良いでしょう。


ここでは、異性にモテる話し方やファッションのアドバイス、女性の方にはモテるメイク方法など、婚活のプロが助言をしてくれるので、自分の足りないところが分かります。


少しの変化でもやはりプロのアドバイスはかなり効果的なようで、ご自身の印象を変えることが出来ます。


結婚相手を求めて結婚相談所に入会したけれど、たまたま他の手段で恋人ができたという場合もありますよね。


でも、その相手が自分と結婚してくれるかは不明な場合。


結婚相談所への登録は、この場合、残しておいた方がいいのか、それともやめた方がいいのかと迷うケースというのはたまに見かけます。


このような状況においては、登録を残したまま利用を停止させてくれるところも少なくありません。


08:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++