困らない婚活術

2019年08月14日(水)
【結婚後は仕事をやめて家庭や家事に従】
結婚後は仕事をやめて家庭や家事に従事しようという気持ちで婚活を始める人もいますが、結婚したら専業主婦になると初めから相手に伝えてしまうとただ収入が目当てで楽をしたいだけなのではないかと思われるケースもあるようです。


家事に専念したいという目的は始めは黙っておいて、先にご自身と相性の良い男性を見付けてから、交際しながらお互いのことをある程度知ってから専業主婦の話を伝えるのが良いでしょう。


私の住む町では、町から委託を受けた社会福祉協議会が、結婚相談事業として婚活をサポートしています。


普通の婚活とは違って、将来はここに住まなければならないという制約もあるのですが、他の地域にも市町などの公的な機関が携わって婚活をすすめているような場所が結構あるんじゃないでしょうか。


こうした結婚相談事業であれば、登録料もあまり高くありませんし、相談員も優しくてあたたかい方が多いようです。


紹介、お見合い、交際という順ですから昔から繰り返されてきたやりかたで、安心感がありますよね。


近頃は婚活サイトを利用する方が増えてきたようです。


これは、よくある対面型の結婚相談所と比べて、大変使いやすいと言えるでしょう。


というのも、結婚相談所は、まずスタッフに相談するというプロセスを踏むので、そもそも人と話すのが苦手な方には不向きです。


しかし、サイト上の婚活サービスなら、結婚相談員などを介することなく条件にかなうお相手を探すことができるので、利便性が高いといえるのです。


結婚したいと思っていても、資金が用意できなければなかなか婚活もスムーズにいかないでしょうし、結婚生活に多くの不安や困難が出てくることと思います。


婚活において最良の結果を望むのならば、まずは、収入を上げられるように行動するのも間違いではありません。


職を変えたり資格を取ってみたり、方法は色々ありますから充実した婚活や結婚生活が送れるように、環境を整えることから始めてみても良いと思います。


未婚のままアラサーになった方は、周りは次々と結婚していって置いて行かれまいと婚活を焦ってしまう事が多いようです。


ですが、結婚するタイミングは、それぞれが違っていて当たり前なのです。


周りの結婚話に流されず、人生設計を考え、結婚のタイミングも自分が決めればよいのです。


もし、婚活をすすめるならば人生経験を積んだところを伝えましょう。


07:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++