困らない婚活術


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年01月24日(木)
【結婚相談所で相手を探していたり、結婚相談所】
結婚相談所で相手を探していたり、結婚相談所が企画する婚活パーティなどに参加した人の体験談を聞いていると、良い相手がいないことの愚痴を聞かされるパターンが多いです。


でも、より掘り下げてみると、結婚相手として条件が見合わないというより、その人に恋する感じにならないという意味合いのようです。


真剣な婚活というのは、条件で結婚相手を選ぶのにはよくても、恋愛結婚がしたい人には適していないサービスなのだと感じます。


最近はテレビや雑誌などのメディアでも、様々な婚活にまつわる話題が出ており、社会の注目が高いことを表しています。


とはいえ、婚活を扱ったビジネスは、全てがユーザーへの良識に満ちたものとは言えません。


サイトによっては信頼性に長けたところもありますが、玉石混交の婚活サイトの中には、あくどい商売の業者もあるはずだと言わなければなりません。


言ってみれば、恋愛と同じで、婚活サービスでも良い情報だけに踊らされないことが重要になるのです。


友達に誘われて、数年前に初めての婚活パーティーを経験しました。


婚活パーティーに参加したことのある女友達は数人いましたから、なんとなくイメージが湧きました。


ですが、異性でで参加経験のある知り合いはおらず、どんな男性が居るのかと、期待と不安で緊張しました。


あくまで私のイメージだと話が苦手なタイプや、陰気な印象の男性が多いのかと思っていましたが、実際は、全くそうではなく、印象が良い人が沢山いました。


ですから婚活パーティーの印象がガラッと変わりました。


結婚相手を高望みする方もいるのですが、婚活の最初からこうしたスタンスでは結婚までたどり着けることは殆ど無いようです。


理想に向けて相手を絞り込んでいくのも大切ではありますが、まずは最初は理想的な相手と巡り合うためにも多くの人と関わりながら、良い相手を見付けるのが良い方法だと言えます。


婚活でありがちなトラブルですが、付き合ってみた相手が酷い人間でトラブルになったというものです。


ただ遊びたいだけであったり、結婚したいという弱みにつけこんで宗教やマルチへ誘ったり、偽りの不幸話で同情させて金銭的に貢がせることが目的だったりといわゆる結婚詐欺に巻き込まれてしまうのです。


トラブルを避けて婚活するには、実績があって頼りになる結婚仲介業者を選ぶのが一番の対策だと言えます。


05:36
2019年01月23日(水)
【一般的にどのくらいの期間を婚活に当てるのが普通な】
一般的にどのくらいの期間を婚活に当てるのが普通なのかと不安になりますよね。


悩みますが、正しい答えは存在しないでしょう。


例えば、婚活してすぐに相手が決まることもあれば、どれだけ経っても結婚まで進展しないという人もいます。


結果的に結婚出来れば婚活成功だと言えます。


どのくらいの期間と決めてしまわず、気持ちにゆとりを持って自分にあったペースで婚活を続けましょう。


未婚のままアラサーになった方は、友達や同僚などが次々と結婚していき、取り残されたように感じて焦って婚活を始める方もいます。


しかし、結婚のタイミングというのは皆がみんな同じ訳ではありません。


ですから、周囲がみんな結婚したからといって焦ってしまわないよう、しっかりとご自身の人生設計について考えてみて下さい。


いつか婚活を行う時には若い時とは違って人生経験を積んでいるところを伝えましょう。


多くの婚活経験者によると、婚活のコツは自分をどれだけ良く見せられるかでしょう。


恥ずかしがってもじもじしていては誰の目にも止まらなくなってしまいます。


プロフィール写真などは、多少は修整を施すのもアリです。


でも、趣味や年収をごまかしてはいけません。


これらの情報はどうしても誤魔化しきれませんし、内面は正直に、外見は良く見せる、というのが簡単で上手な婚活必勝法です。


結婚相手を見つけるためのイベントで有名なものといえば、大規模な懇親会や、婚活パーティなどが挙がってくると思われます。


年齢や職業、時には露骨に「年収いくら以上」などで男性参加者を制限する場合もあり(男性のみに制限が付くことが多いです)、特に女性参加者にとっては、理想の男性がより取り見取りといったところでしょう。


クルージング、クッキングなどのアクティビティをしながらそこで気の合うお相手を探していくという趣旨のものもあり、多くの方がより気軽に婚活できるように創意工夫を凝らしたイベントが行われているのです。


結婚を考えて、結婚相談所に登録していた頃は、複数の方と直接会ってみました。


ただ、結婚したいと思う人とは違っていたので、最終的に、すべてお断りさせてもらいました。


たまに、私のことを理想の相手だと思い違いをしている人もいました。


でも、相談所の方から断りの連絡を入れてくれるので、嫌な思いをするような事はありませんでした。


お金はかかりますが、お見合いと比較すると断りやすく、ビジネスライクで婚活できる点は良かったです。


05:36
2019年01月22日(火)
【皆さんの中で、結婚相談所のイメージ】
皆さんの中で、結婚相談所のイメージはどんなものでしょう。


都会というよりは、寂れた地方都市にあって、冴えない男女がこっそり利用している印象があり、なんだか時代遅れな感じがあるかもしれません。


しかし、その印象はもはや古いものです。


結婚相談所も現在では様変わりしています。


昨今の「婚活」ブームも相まって幅広い個性の方が登録してくるようになり、良い結婚相手と出会いたいという方には歓迎されているようです。


入会金の安さにつられて、小規模な結婚相談所を選んで登録してしまいました。


ですが、今になって後悔しています。


入会してからかなりの日が経つのに、少しもお相手を紹介してくれないのです。


何度も問い合わせていますが、私の希望にかなう相手がまだいないから、と言われるだけです。


いくら安くても、お金を払って登録していながら、この対応はあまりに酷いですよね。


強めにクレームを言って、それでもだめなら消費者センターに駆け込みたいです。


婚活に精を出していても結婚できないと困っている人は、婚活セミナーで視点を変えてみるのがおススメです。


印象を良くする喋り方やファッションチェック、女性の場合メイクのポイントなど、婚活のプロがアドバイスをくれるのです。


アドバイスによっては少しの変化と思うかもしれませんが、意外なほど効果的なようです。


実際に婚活してみると大半の方が条件のそろった異性との結婚を求めます。


ですが、こうした利己的な気持ちを出し過ぎると、ようやく会えた異性との関係性が悪くなると思います。


慎重な人に多いですが、相手選ぶために複数の異性をキープしておくと、その報いを受けることになると覚えておいてください。


婚活というワードが流行りですね。


最近はテレビなどでも婚活サイトなどの各種サービスの話題が出ており、社会の注目が高いことを表しています。


とはいえ、婚活サービスを提供する企業は、全てがユーザーへの良識に満ちたものとは言えません。


いわゆる大手のサービスは信頼できるかもしれませんが、中にはユーザーを食い物にするようなサイトも存在しているのが事実なのです。


言ってみれば、恋愛と同じで、婚活サービスでも表面上の情報に騙されず、相手を知ることが肝要なのです。


01:54
2019年01月21日(月)
【婚活の形も様々になった現在。】
婚活の形も様々になった現在。


様々な形態のものがあります。


気軽なものでは合コンやお見合いパーティに始まり、有料の婚活サイトに情報を登録して、条件の合う相手を探すような本格的な活動までスタイルは千差万別です。


この内のどれが最も優れた方法なのかはわかりませんが、とにかく一定の期間は粘って続けてみるとか、時には妥協して条件を緩めてみることがまずは大事ではないでしょうか。


今流行りのネット婚活。


結婚情報サイトに登録し、年齢や趣味などの条件が合う相手を検索してマッチングが成立し、何度かデートを重ねてめでたく交際に至り、最終目的である結婚に行きつくのには期間にしてどのくらい掛かるのが普通でしょうか。


時と場合によるものではありますが、互いに強く結婚を望んでいる場合、電撃結婚で世間を騒がせた堀北真希さんのケースのように、僅かな期間でゴールインされる方も決して珍しくないようです。


最近は多くの方が結婚相談所を利用していますが、ここで出会った方とお見合いや交際に漕ぎ着けるのは、決して少なくありません。


普通、結婚相談所というのは、真剣に結婚を望んでいる方しかいないと思っていいですし、そのためにお互い妥協することもありますから、いわゆる普通の恋愛結婚よりもトントン拍子に交際が進むことが多いのです。


ですから、あくまで結婚をゴールにする方は、思い切って結婚相談所を利用してみるといいでしょう。


婚活の際に、好きなタイプの男性と出会えたら、自分から声をかけてみましょう。


容姿の整った男性は人気ですから、なかなか交際にまで発展する事は難しいかもしれませんが、ただ見ているだけでは何も起きませんから、ダメモトでアピールしましょう。


しかし、恋愛関係とは異なり結婚相手となりますと、自分好みのイケメンというだけでは幸福な結婚とはいかないでしょう。


容姿だけでなく、性格や価値観を見極める必要があるのです。


結婚相手を探すにあたって、お見合いの場合は、互いに気に入る部分があればお付き合いを始め、なんだか相性が合わないと思えばその後のお付き合いはお断りする流れになるでしょう。


結婚相談所でお相手を紹介してもらった場合は、スタッフさんにお願いしてお断りしてもらうのが通常でしょう。


ご本人には気まずさからなかなか連絡しづらいものですが、担当の方にお任せすればあとはお相手に伝えてくれますから、気が重くなることもあまりありません。


01:12
2019年01月20日(日)
【近頃はネットで婚活する方も増えてきました。多くのサ】
近頃はネットで婚活する方も増えてきました。


多くのサイトがネット上に林立するようになっています。


婚活サイトも運営企業ごとにシステムが違っており、それぞれに長所や短所があります。


各サイトのサービスの仕組みを比べてみれば、どのサイトなら自分にとって使いやすいか判断する助けになりますので、契約を決めるにあたって入念なチェックをまずは考えるとよいでしょう。


地元では、町から委託を受けた社会福祉協議会が、結婚相談事業として婚活をサポートしています。


普通の婚活とは違って、将来はここに住まなければならないという制約もあるのですが、別な地域でも公的機関が主体となって婚活をサポートしているようなところが結構あるんじゃないでしょうか。


登録料も比較的安価で、サポートしてくれる相談員も、親切な方が多いようです。


こういった場所では、まず紹介があってから実際にお見合いし、交際を決めるという流れですので伝統的な婚活のかたちなので、安心して婚活が出来るのではないでしょうか。


もし、オタク的な趣味があるとしても実際の婚活において特に支障になることは無いようです。


オタク的な趣味を持つ人は、男女ともに意外なほど存在しているのです。


逆に、オタク趣味を持つ男女であれば相手の趣味を受け入れられますし、干渉されないという利点があるので、結婚を考えるのならば結構需要が高いのです。


オタク的な趣味を隠して結婚し、後から問題になるケースもありますから、相手に自分の趣味を公言して婚活をすすめていくのが良いでしょう。


スマホを利用されている方は、婚活を斡旋するアプリを活用してみるのも良いでしょう。


婚活アプリには、有料から無料まで様々なものが販売されていますが、はじめは、無料のアプリを試してみるのが良いでしょう。


わざわざ婚活イベントに参加せずとも、時間や場所を気にせずお手軽にメールなどでやりとりを繰り返しながら相手を知り、良いと思う人とだけ直接会ってみるという事が出来ますから、大変便利だと思います。


ですが、見ず知らずの相手に個人情報を渡すリスクを理解し、ご自身の判断で活用するようにしましょう。


皆さんは結婚相談所というと何を思い浮かべますか?都心から離れた地方の街に存在しており、あまり冴えない人たちが利用するという印象で、前時代の遺物という認識をお持ちの方もいるかもしれません。


ですが、現在ではそうではありません。


今では結婚相談所はずっと明るいイメージになっています。


婚活が流行りの現在、各年代ともに登録者が増えており、結婚を本気で考えている方には喜ばれています。


01:00
2019年01月19日(土)
【自分から動かないと出会いは訪れませ】
自分から動かないと出会いは訪れません。


結婚相手を真剣に探しているのであれば、婚活はかならず必要になります。


婚活なんてまだ早い、とのんびりしていると、すぐに結婚適齢期が過ぎてしまいます。


では実際に婚活とはどういう活動をすればいいのでしょうか?婚活と聞くとお見合いやパーティーなど堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、頭を悩ませるよりも気軽な気持ちで、興味のある婚活イベントに参加してみるのが良いと思います。


近頃はアウトドアを中心とした婚活イベントや、鬼ごっこや滝行、人狼ゲームなどなど、様々なタイプのものがあるのです。


様々な企画を楽しみながら、良い相手を見つけることが出来ます。


もし婚活中に、好みの容姿の男性に出会えた際には、自分から声をかけてみましょう。


ハンサムな男性は競争率が高いので、交際できる可能性は低いかもしれませんが、ただ見ているだけでは何も起きませんから、ダメモトでアピールしましょう。


とはいえ、恋愛とは違って一生を共に過ごすパートナーですから、自分好みのイケメンというだけでは幸福な結婚とはいかないでしょう。


容姿だけでなく、性格や価値観を見極める必要があるのです。


婚活に割く期間はどれくらいが良いのでしょうか?判断に困りますが、答えは必ずしも一つではないでしょう。


例えば、婚活してすぐに相手が決まることもあれば、婚活を始めて何年経過しても結婚まで進展しないという人もいます。


結果的に結婚出来れば婚活成功だと言えます。


婚活期間を決めて急ぐよりも、肩ひじ張らずに少しずつ婚活をすすめた方が、後悔のない結婚が出来るでしょう。


ここのところ、テレビなどでも各種の婚活サービスに関する話題が出ており、社会の注目が高いことを表しています。


ですが、ここで取り上げられるような婚活サービスは、全部が安全とは言い切れないのが実情です。


サイトによっては信頼性に長けたところもありますが、これだけ多くのサイトがある中には、悪質なところもあるはずだと言わなければなりません。


婚活サービスにおいても、実際の交際と同じで、表面上の情報に騙されず、相手を知ることが肝要なのです。


婚活という言葉も最近は一般化してきました。


WEB上にも多くのサイトが存在しており、実に多くの企業が婚活サイトを運営しており、それぞれに長所や短所があります。


各サイトのサービスの仕組みを比べてみれば、どのサイトなら自分にとって使いやすいか考えられると思うので、登録に際し、事前に詳細な比較検討が鍵になります。


01:00
2019年01月18日(金)
【オタク趣味は婚活でマイナスイメージになると思】
オタク趣味は婚活でマイナスイメージになると思いますか?オタク的な趣味があったとしても実際の婚活において特に支障になることは無いようです。


思いのほか、オタク趣味を持つ男女が多いのがその理由です。


オタク同士の交際は、かえってオタク趣味にも寛容ですし、干渉される心配が少ないので、婚活の現場では意外と需要があるのです。


結婚後に問題にならないよう、相手に自分の趣味を公言して婚活をすすめていくのが良いでしょう。


結婚を考えて婚活をするようになった切っ掛けは人それぞれですよね。


特によく聞くのは周囲の人の結婚が影響している方が多いです。


親しい人の結婚で、慌てて婚活を始めるというのも一つのきっかけとして、悪くはないでしょう。


ですが、焦り過ぎは禁物です。


これからの人生を共に歩むパートナーを決める重大な決断ですから、婚活に当たっては焦った気持ちを落ち着けて、焦りなどを無くしてから婚活に挑んだ方が、良い結果につながると言えます。


真剣に婚活を考えている方は、結婚情報サイトの利用も一般的になっています。


サイトで出会える異性の方のプロフィール画面を見て条件を確認する際に、結婚を真剣に考えるなら真っ先に確認したいのはご実家に関する内容です。


よほど実家と疎遠な人でない限り、結婚するとそれぞれの親への挨拶や、その後の付き合いも出てきますから、実家との付き合い方なども真剣に考えて決める必要がありますね。


婚活をされたことのある方なら分かるかもしれませんが、婚活で会話は意外と大切なスキルです。


会話を盛り上げられないとせっかく異性との交流の機会が出来ても次に進める可能性は低いでしょう。


ですから、会話のイメージを予想し、会話を盛り上げるシミュレーションをしておくことをお勧めします。


こうしておけば、会話が止まってしまったり、変な事を言ってしまう心配が減らせると思います。


それに、異性との交流を増やして会話を練習しておくのも良い方法です。


婚活サイトで出会い探しに精を出しているものの、たとえ出会えてもその先が続かないといった状況はつらいものですよね。


近年は婚活サイトも競争が激しいですので、自ら動かない者は淘汰されていくのです。


頑張っているのに出会いがないという方は、利用サイトが開催している婚活パーティなどのイベントに参加して目先を変えてみるのもいいですね。


たとえ一度で出会いに結びつかなくても、経験値を積む場として有用だと思われます。


00:42
2019年01月17日(木)
【私もそろそろ婚活に踏み出さないと、とぼんやり思】
私もそろそろ婚活に踏み出さないと、とぼんやり思ってはいましたが、特に何も動いてはいませんでした。


でも、今年になって私もやっと、結婚相談所を利用し、お相手探しに乗り出したのです。


同い年の友達から結婚の話を聞かされたのが切っ掛けでした。


彼女は、一年ほど前に大手の結婚相談所に登録し、今の結婚相手と知り合うことができたそうです。


それを聞いて、結婚相談所が役に立つと知ったのが、なかなか踏み出せなかった私に勇気を出させてくれたのです。


たくさんの結婚相談所から、どこに登録するか決めるにあたっては、具体的にどのようなサービスをしてくれるのかを確認して吟味することをお勧めします。


特に、入会金や会費など一時的な料金の安さだけを見る基準で選んでしまうと、時間とお金だけを無駄に浪費して何も得られないという結末になる可能性もあり、まさに本末転倒です。


考えなしに決めると自分が損するというのは結婚にも、相談所の選び方にも共通することです。


慎重さが第一ということです。


普通のお見合いであれば、条件が見合えば結婚前提の交際を始め、なんだか相性が合わないと思えば仲人を通じてご破談ということになるのが通例です。


結婚相談所で知り合ったお相手が気に入らなければ、普通は、結婚相談所を通じてお断りしてもらうことになります。


ご本人には気まずさからなかなか連絡しづらいものですが、結婚相談所に任せておけばお相手にも配慮してお伝えしてもらうことができるので、これも結婚相談所も良い所だといえます。


友人の誘いをきっかけに、数年前に初めて婚活パーティーに参加しました。


パーティーに行ったことのある女友達は数人居ましたが、異性でで参加経験のある知り合いはおらず、どういった感じの男性が参加しているのか想像がつかず、期待半分不安半分でドキドキでした。


それまでの想像では暗い感じの男性や、口下手な人が参加しているのかと思っていたのですが、実際にパーティーに行ってみると、全然暗い雰囲気ではなく、印象が良い人が沢山いました。


ですから婚活パーティーがモテない人の集まりという印象が間違っていたことに気付きました。


現在は多くの方がネットで婚活に勤しんでいます。


サイトに登録して、年齢や趣味などの条件が合う相手と互いに知り合いになり、デートの結果、お付き合いすることになって、最終目的である結婚に行きつくのには期間にしてどのくらい掛かるのが普通でしょうか。


本当に相性のいい方に巡り合えれば、ごく短い期間、例えば3か月などで結婚して周囲を驚かせる方もいるというのがネット婚活の特徴です。


00:42
2019年01月16日(水)
【真剣に婚活を考えている方は、ネットの婚】
真剣に婚活を考えている方は、ネットの婚活サイトを利用する場合もあると思います。


サイトに登録している異性の方のプロフィール画面を見て条件を確認する際に、結婚相手として真っ先に気になるのは一人暮らしか実家暮らしか、また出身地はどこかといった内容です。


普通であれば、結婚したらお相手の実家との付き合いも出てくるので、子育てのことなども考慮に入れて相手を選ぶ必要があるでしょう。


一般的に、婚活から結婚に至るまでの交際期間ですが、十人十色です。


早い方は2、3回会ってみただけでもう結婚話を進める方もいます。


または、長い期間を交際期間に充てた後、ゴールインしたカップルもいます。


ただし、婚活の目標は結婚です。


長い交際はそれだけお互いの婚活期間を延ばすだけになるかもしれません。


ですからダラダラと関係を持ち続けるのは良くありません。


多くの方が、交際期間3ヶ月から1年で、結婚かお断りかを決めるようですので、参考にしてみて下さい。


オタク的な趣味は実際の婚活において特に支障になることは無いようです。


その理由は、男女ともにオタクな趣味を持った人が多いためです。


かえって、オタク同士の方がオタク趣味にも寛容ですし、干渉される心配が少ないので、婚活の現場では意外と需要があるのです。


オタク的な趣味を隠して結婚し、後から問題になるケースもありますから、オタク趣味を公言した上でパートナーを探した方が、お互いにとってもプラスになるはずです。


今や、婚活サイトはWEB上に多く見られるようになりましたが、選ぶ上では何を重視するべきなのでしょうか。


人気が全てと言うほどでもありませんが、多くの人が利用している婚活サイトには多くの人に評価されるだけの理由があるはずです。


それは何かというと、何より会員数の多さでしょう。


最後に結婚する相手は一人しかいないとはいえ、チャンスの数、つまり婚活サイトを通じて知り合う人数はできるだけ多い方がいいですよね。


結婚相手に真剣に悩む年頃になって、本気で婚活しなければと思ったときに、多くの方が結婚情報サービスの利用を考えられると思います。


結婚情報サイトにも色々なものがありますので、サイトを選ぶだけでも一苦労です。


決められないようでしたら、ネット上の口コミなどを見てそのサイトを利用した人からの感想を見てみることが得策です。


多くのサイトを比較した上で、自分にとって利用しやすいサービスを見つけてください。


00:30
2019年01月15日(火)
【婚活で大切なものは様々ありますが、意外と重要なのが会】
婚活で大切なものは様々ありますが、意外と重要なのが会話なんですよね。


会話を盛り上げることが出来なければ会うことが出来ても次に進める可能性は低いでしょう。


せっかくの出会いのチャンスを最大限に生かすためにも、会話の内容を予想し、会話を盛り上げるシミュレーションをしておくことをお勧めします。


こうしておけば、会話が止まってしまったり、変な事を言ってしまう辛い失敗を無くすことが出来るでしょう。


それに、異性との交流を増やして会話を練習しておくのも方法の一つですね。


普通のお見合いであれば、お相手との条件が合えば、交際をスタートすることになるでしょうし、気に入らない部分などがあれば仲人を通じてご破談ということになるのが通例です。


一方、結婚相談所で紹介された相手の場合、担当の方を通じて、お相手にお断りの意思を伝えてもらう形になります。


お相手に直接断りを入れるのは気まずいと感じる方も多いでしょうが、結婚相談所に任せておけばトラブルにならないように取り成してもらえるため、幾分、気が楽というものです。


今流行りの婚活サイトですが、その登録時には、免許証などの身分証を用いて本人確認を行っています。


とはいえ、身分証の確認をしていても、何のトラブルも警戒しなくてよいということにはなりません。


犯罪被害を受けることはなくても、相手が冷やかしである場合だってありますので、騙されないよう警戒しておくことは重要です。


少しでも違和感を感じたら、そのまま交際を続けず、信用できる人に相談することをお勧めします。


婚活として留学を考えている女性が多いそうです。


結婚相手は外国人が良いという女性は、婚活留学を検討してみてはいかがでしょうか。


また、結婚した後は海外に住みたいと思っているけれど、実際のパートナーは日本人が理想だという場合は、海外で生活しながら婚活をしている日本人男性を紹介してくれるようなサイトがありますから、そちらを利用するのもおすすめです。


婚活にもいろいろな方法がありますから、自分に合ったやり方を見付けてパートナーを探してみましょう。


婚活でよく聞くお悩みエピソードと言えば、趣味の欄ですよね。


改めて趣味と言われると、思いつかないという方も多いでしょう。


ですが、趣味は相手の第一印象を左右すると言う点で蔑にはできません。


格好つけた趣味で取り繕ってみても、そのような嘘は意外とすぐに見抜かれるものです。


ですから、趣味が無い方は何かを始めるチャンスだと思って趣味を見付けましょう。


こうした行動が新しい出会いを引き寄せてくれることもあるので、趣味が無いと悩むのでは無く、新しい出会いのチャンスと捉えてみてくださいね。


00:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++